妊娠8ヶ月

29週での検診。

お腹が張りやすいため、 エコーで子宮頸管の長さを測定することに。

先生はエコーを見ながらう~んと言うだけで、他に何も言わない。

え?何?良くないのかな(;´Д`)

診察室に戻ると先生は座って待ってるように指示し、電話を片手にエコーを見ていた隣の部屋へ戻っていった。

ま、まさか、切迫早産で入院!?

ドキドキ、ドキドキ。

隣の部屋から漏れる声を耳ダンボで聞いていると…

もしもし、長さ測るときどうやるんだっけ?

装置の操作方法聞いとるんかい(^◇^;)

しばらく電話して測定できるようになったみたい。

頸管長は普通40mmくらいあるところが、36~38mmとやや短めだった。

切迫早産という診断だけど、張り止めの薬を飲んで、無理をしないようにと指示されただけ。

良かった~。